© 2016 by 航路延長 created with Wix.com

February 14, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

多様性の許容

March 15, 2018

『あなたにとってのダンスとは?』
 

BFMラジオのインタビューで、この様な質問をされました。それは今回三つの国から振付家が集まり、それぞれの背景に古典伝統や民族舞踊があるので、とても良い質問だなと思いました。

いくつかの答えを出したんですが、

○ダンスと美術は人類が言語を習得する前から使用していた対話の方法で、それらによって物事の抽象化が可能となり、言語が生まれて、文化が発達していったので、人間としては非常に大事なもの。

○伝統舞踊や民族舞踊はそれぞれの動きに意味があり、それらは言葉で言語で、物語だったり小説の様なものだったりする。
そして、コンテンポラリーは絵を描く様なもの。
どちらも何かを伝えるもの。

○人間にとって重要なもの。

そう言った答えをしました。
 

○"Singularity"には民族舞踊の要素が入っている。"Nyanyian Bumi"では伝統や民族とコンテンポラリーの合間を探していると。

これは多様性の許容から生まれる新たなものを僕が作りたいと思っている事から来た答えかな。

どのように作品を見たら良いかと言った事も質問されたんで、それは美術館に行って現代美術を見るようなもので、自分が良いと思えば良いし、そうでないものはそうでない。古い作品を見てもそれは同じ事。そのようにまずは見に来て下さいと。

それらを通してインタビューの中でも、多様性の許容を望んでいることは話せたかな。

"Singularity"について最後に、『宇宙に行くとしたらあなたは何を持っていきたいですか?』という質問の答えから、私たちは本当に自分にとって大事に思っているものなどについて考え、気付く事が可能になり、それは人類の幸せを見つけられる可能性があると思っている事を話しました。

とは言え、僕の英語なのでどれ程確かに話せたかは未確認ですが。


その二本立て公演もいよいよ来週末です。

"Nyanyian Bumi"
振付:Lim Pei Ern/Ridwon Aco/Atsushi Heki
"Singularity"
振付:日置あつし
2018年
3月23日 20:30〜
3月24日 15:00〜/20:30〜
会場
DPAC(Damansara Performance Art Center)
web site: http://www.dpac.com.my/page/ticket/bookTicket/view/818.html
Facebook Event Page: https://www.facebook.com/events/334292070415045??ti=ia

両作品とも音楽を作ってます。
愛用のMacBookの調子が万全ではなく、創作を休み休みしているので、昨夜は明け方5時まで作曲。
ようやく半分は出来た。
今日中に完成させたい。


帰国したら、桜の蕾がいい感じの頃かな。
野点しながらの花見を催したいな! 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square