© 2016 by 航路延長 created with Wix.com

February 14, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

ISETANとキーヤンと

March 20, 2018

『すごく驚いているんですよ!』

そんな感じの事を、京都の振付家の山下残さんとばったりFive Arts Centerで会った時に言われました。

残さんは次の作品のリサーチでクアラルンプールに一週間ほど来られてて、たまたまマーク・テの『2020』を見にファイブアートセンターに行ったら出会ったんですよね。
 

その二時間くらい前にファイブアートセンターのジューン・タンさんか、国際交流基金の方から僕が今日作品を見に来る事を聞かれて、驚かれてたみたい。
京都では家は近所なんですが、なかなか出会わないのにマレーシアで会うのは楽しいですね。

 

*写真は公演後のファイブアートセンター

その作品のプロデューサーのジューン・タンさんとは2018年の2月に横浜で開催されたTPAM2018 横浜国際舞台芸術ミーティングでお会いして、マレーシアで作品を作る話をしてたんですよね。
『2020』には『PUPPETS』マレーシア公演で地元のダンサーとして出演していたRen Xinが出演してたので、繋がるなぁ。
公演には今回の滞在制作のスポンサーの方々も来られていたので挨拶が出来て良かった。国際交流基金アジアセンターの山田ゆりさんなどなど。

 

昼間は繁華街のブキッビンタンへ。
 

キーヤンこと木村英輝さんの絵がISETAN4階のレストランフロアいっぱいに描かれているのを、共同制作者達と見に行きました!
 

いくつも提灯があり、迫力!!
バーカウンターにはカエルとハスの絵。

ちょうどその日に10月12日に平安神宮で開催される『琳派ロック3』の告知が出たので、いくつもの縁を感じる日でした!!
琳派ロック3はもちろん、振付と出演をしますよ!

そして、5月の『極楽鳥の森』沖縄公演での地元アーティストの方とも話が進み出演決定。

かなり、豪華なラインナップになってます!!

旅行を兼ねての沖縄公演へ是非お越しください!!

情報公開はもう少ししたら始まります!! 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square