© 2016 by 航路延長 created with Wix.com

February 14, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

"シンギュラリティ"について

March 22, 2018

明日はいよいよシンギュラリティのプレミア公演。

この作品は、『宇宙に行くとしたら、あなたは何をもって行きたいですか?』このとても単純な問いから始まります。

"What are the choices you would bring to space?"

なぜこの質問かというと、最近AIがかなり進化しており、宇宙へ向けてのロケット等の打ち上げがより活発化して来ているように感じるからです。とは言えそのような現場にまだ関わっていないのでどれくらい進んでいるのか体感はしていません。実際に打ち上げ現場に行ってみたいですね。

しかし、そこにちらっと繋がるような話は身辺に届くようになって来ました。

いまは実際的な課題として、食料の調達や宇宙空間で子孫を残せるかなども研究してるみたいです。

そこで気になって来たのが、文化・宗教・民族間による平和的共存と、個人の欲求と欲望でした。

そこで、これらの条件を含みながら地球上での可能性を超える事は出来ないかと考えているうちに、個人のすごく個人的な欲望から何かが見えるかもしれないと考えました。
 

そして、
『宇宙に行くとしたらあなたは何をもって行きたいですか?』
この質問が生まれました。

これには少しだけ補足があります。
・おそらく宇宙への片道旅行です。
・最大で三つまで選んでみてください。
・もの・人・考え等なんでもありです。

これらは出来るだけ現在の地球上の生活では考えられない環境を想像して答えを探してみて欲しいからです。

ここ迄だけだとアンケートになってしまいそうですが、ここから今回はダンス作品を作っています。

そして、この質問と答えからもしかしたら、文化・宗教・民族を越えた所にある人間個人としての幸せと共存の可能性が見いだせるかもしれないと考えるようになりました。

その幸せと共存の可能性を更に見出してみるには、様々な文化圏で様々な人々に問いかけをし、そこから、あるいはその人々と作品を作るということではないかなと考えています。

多様性の中から、個々人のすごく個人的な欲望を知り、そこから更に多様性の中の共存を見出す。

今後の各国各地でこの企画を展開できたらなと思っています!
興味のある方は是非連絡下さいね。

*これ、英語で書いた方が更に良いよなぁ〜
 

さて、マレーシアの女性ダンサー リムペイエンが一人で踊ります。彼女の選んだ答えとは?

"Singularity"
コンセプト・演出・音楽:日置あつし
出演:Lim Pei Ern
2018年
3月23日 20:30〜
3月24日 15:00〜/20:30〜
会場
DPAC(Damansara Performance Art Center)
web site: http://www.dpac.com.my/page/ticket/bookTicket/view/818.html
Facebook Event Page: https://www.facebook.com/events/334292070415045??ti=ia 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square